2007年03月17日

@パルミ チーズケーキ

テレビ「知っとこ!」で話題のチーズケーキ!!


究極のチーズケーキ@パルミ の通販サイトはこちらです 
 ↓  ↓
 @パルミ


本日は、皆さまお待ちかね!『究極のチーズケーキ@パルミ』の【ウキウキSpring発送分】受け付け開始のご案内で〜す♪

チーズケーキのベースとなるのは「クリームチーズ」です。今回のコンセプトは“濃厚でクリーミー”ですから、それに合ったものをセレクトしなければいけません。ただ、クリームチーズとは、どこの国でも生産している一般的なチーズなので、だからこそ選ぶのも難しいのです。

当店で通常販売している「オーストラリア産」も非常に完成度が高く、チーズケーキには適しています。でも、今回目指しているのは“究極のチーズケーキ”です。より高いレベルを求めて、各国のクリームチーズを輸入して試してみました。

ここで難しいのは、そのままクリームチーズを食べた状態と、ケーキにして焼いた状態では、同じチーズでも全く味が変わってしまうということ。そのまま食べてみたら驚くほどおいしかったものでも、焼いてみたらクリーミーさが消えてしまったり…、またはその逆だったり…。

いくつものチーズをテストして、迷った末に私が選択したのは、その味に定評のある「デンマーク産クリームチーズ」でした。

この地域のチーズは、何と言っても生産者の意識が高いのです。オセアニアの国々のように、広大な大地で何百頭を放牧するという方法ではなく、限られた牧場の中でいかにおいしいミルクを作るかを競っているような国なんです。

チーズの生産管理も厳密で、ミルクの品質が一定以下だとチーズ工場に納品できない、逆に品質の良いミルクだと高い金額で買い取ってもらえる、そんな決まりがあるのです。生産者の方たちも必死ですよね。だからこそ世界的な評価を得ているのでしょう。

ただし、こんなクリームチーズでも、そのまま食べてみると微妙な味の違いには気付きにくいものなのです。でも、ケーキとして焼いてみるとハッキリと違いが分かるようになるのです! 本当に滑らかさが全然違いますから! 口に含んだ瞬間に圧倒されるような舌ざわりですね。

究極のチーズケーキ@パルミ の通販サイトはこちらです 
  ↓  ↓ 
 @パルミ

今やブログは一般的に言う日記帳ではなく、いろいろな情報や新しいニュース、そして個々人では管理できないさまざまなテーマを提供するばしょとなっています。
お勧めブログ、自然と環境について考える、今まさに地球温暖化による様々な問題が提起されていますね。環境やエコロジーはこれからの私たちが生活を営むうえでおおきなテーマとなっています。地球にも健康で健全な姿を取り戻してもらいたいものです。
今若者の間で静かなブームのダーツが話題です。気軽に家庭でも娯楽できるダーツはお奨めのゲームです。
posted by shinkleal at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。