2007年03月29日

ハス(蓮)

スイレン科の多年生水性植物であるハス(蓮)の地下茎が泥の中に長く伸び、先端部分に養分を蓄えて肥大した部分がレンコン(蓮根)である。中国やインド、マレーが原産といわれる。わが国では秋の9月頃から掘り始めて翌春まで出荷が続くが、旬は年の暮れ。 レンコン (蓮根)とは、ハスの地下茎が肥大した物で、食用に栽培される。原産地はエジプト、もしくは中国との説もある。はすね、蓮茎、藕などとも書く。主に沼沢地や、蓮田などで栽培される。山口県の岩国市が有名。レンコンの穴の数は8つだが、岩国市で栽培されるレンコンは穴の数が一つ多く、9つであるという。  中国では蓮の根茎、葉柄、葉、蕾、花弁、花托、果実など、あらゆる部分を残りなく薬用に用いており、全て異なった効能効果を持つとしている。例えば食用にする根茎の肥厚部分は藕(うっ血を除き解毒作用がある)、根茎から採ったデンプンは藕粉(造血・浄血作用があり、下痢や暑気あたりを治す)といった具合である。  レンコンの成分はデンプンを主体とする糖質が約15g(100g中)と多く、ペクチンやヘミセルロースなどの食物繊維は2gで、便通を良くして腸内細菌のバランスを整え血液の浄化に役立つ。ビタミンCは48mgとトマトの約3倍含まれている。Cは肌の新陳代謝をよくし、メラニン色素の沈着を防ぐ。また、レンコンに含まれるタンニンの消炎・収斂作用が咳や痰を鎮め、のどを快調にするといわれており、喘息にもおろし汁が用いられる。そのほか高血圧・下痢・更年期障害・老化防止にも効果があるとされている。
歯科医専用ホワイトニングトゥースプロフェッショナルがついに解禁!歯科医が絶賛! トゥースプロフェッショナルは、歯科医指定の成分配合で開発されました!ビームスリック トゥースプロフェッショナル(TOOTH PRO)は、歯を傷つける研磨剤は使用していません!ビームスリック トゥースプロフェッショナルは、実際に歯科医院で使われているだけあって、汚れを落とす力が違います!第一印象は、歯のきれいな笑顔できまる。
今ダイエットに人気のターボセルのご紹介です。ターボセル ハイウエストのお奨めサイトではターボセル 効果ターボセル ボディチクリスタがいろいろ細かく記述されています。イタリアで大人気!日本でもテレビショッピングで話題のダイエットパンツとなりました。
ハチの子の成分は必須アミノ酸やセレン・亜鉛などのミネラルが天然のまま含まれています。ハチの子は生後21日目が最もアミノ酸が多くなります。アミノ酸は血行を良くし、バランスが崩れた自律神経を刺激し、安定させる働きがあります。また、ビタミン、ミネラルの働きも加わり、内耳の中の神経の働きを高めます。これらの成分が、神経系統を整えることが想像されます。特に自律神経と呼ばれる、体温や呼吸など人の体の基本的な活動を司る神経を安定させる働きがあることがわかっています。蜂の子が自律神経の乱れから来る更年期障害やのぼせ、冷え性などにも効果があるのはこのためです。
我が家に届いたダイエット器具 振動・・・ブルブル振動する優れものです。ダイエット器具の名前はビューティーマシンです。10分間乗っているだけで1時間分のトレーニング効果があるという運動嫌いの私には本当にありがたい健康器具です。テレビショッピングでよくやっている商品ですが、これほどまでにブルブル振動が身体に伝わるものだとは思っていませんでした・・・日頃の不摂生のせいで身体についた脂肪をこれでなんとか落としたいものです。
EMSではマックスターボがお奨めです。某男性タレントがこれでダイエットしているというこれも振動するダイエットベルトです。
メタボリックシンドロームが話題となる近年、オリゴノールOligonolがとても注目されています。オリゴノール(Oligonol)は、植物から抽出したポリフェノールです。現在まで世界中で数多くのポリフェノール高含有素材が抗酸化物質として研究されていましたが、その多くはポリマー(高分子)の部分が圧倒的に多く、ポリフェノール自体の生体吸収性が低いという難点がありました。オリゴノールフローレイは従来、生体内への吸収が困難とされていた、ポリフェノールの低分子化に世界で初めて成功した成分です。
 フィト医薬品は品種やエキスの抽出法によって効果が大きく異なるため、ドイツでは成分含有量の厳格な規格化が行われているが、エキナセアについても1990年代に規格化の検討が開始され、97年には一連の検討結果が公表されている。
エキナセアはヨーロッパで知られるようになったのは1895年頃でドイツの科学者が自国へ持ち帰り、ヨーロッパでの栽培が始まってからである。その後、ミュンヘン大学などが中心になって臨床研究を実施、経験的に知られていた風邪やインフルエンザなど感染症の予防と治療、抗菌性などから、気管支炎、尿路感染症、疝痛、浮腫、鼻粘膜の乾燥、アレルギーなどに対する作用、免疫力賦活作用、抗バクテリア、抗ウイルス作用(抗生物質作用)、抗炎症作用などが認知された。

posted by shinkleal at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。